仕事改革!週休3日制を政府や自民が検討。メリットは?

新型コロナウイルス禍の下での多様な働き方を探ろうと、政府が週休3日で働ける仕組みである「選択的週休3日制」導入の検討を始めました。

自民党の「一億総活躍推進本部」(猪口邦子本部長)が近く出す中間提言を受け、6月にもまとめる政府の経済財政運営の指針「骨太の方針」に反映させることも検討しているそうです。

正社員で、週休3日だといろいろとメリットがありそうですよね!


コロナによる新たな働き方

働き方としては新型コロナの影響で、全国でテレワークや時差出勤を取り入れる企業の動きがでていますね。

政府は週休3日制も選択肢とすることで、多様な働き方を後押しできるとみられます。

週休3日制について、加藤勝信官房長官は5日の記者会見で、「育児、介護、闘病など生活と仕事の両立を図る観点からも多様な働き方を推進することは重要だ」と述べています。

また「政府としてどういうことができるのか検討していきたい」と話しています。

自民の推進本部は、すでに週休3日制を導入している企業からヒアリングするなどしています。

週休3日制のメリットやデメリットは?

子育てや介護などに時間が使いやすくなります。

ボランティア活動への参加などにもメリットがありますね。

週に1~2日、ふるさとなど地方で兼業したり地域活動に関わったりすることもできるので、地域活性化につながるとの見方もあります。

銀行や役所など、平日しか開いていないところに行くことができます。

たまには学童以外の友だちと公園で遊びたい、平日に家でゆっくりしたいなど小学生の子供とゆっくり過ごすことができます。

 デメリットとしては、週休3日で給与が1~2割減るケースも想定されること。

働き手が少ない中小企業や小規模事業者で実現できるのか?というとすぐにはできるか疑問ですよね!?

そこで、自民内では週休3日制を導入した企業にむけて何らかの支援をする案も出しています。

政府の補助を受けて、週休3日制が多くの企業で導入されるといいですね!!

みずほ銀行、ユニクロでは?

みずほの週休3~4日制度については「土日に加え、毎週決まった曜日を休みとする」「給与は週休3日だと従来の8割、週休4日の場合には6割」といったことがわかっています(2020年10月8日時点)。

ユニクロを展開するファーストリテイリングでは、週休3日でも1日あたりの労働時間を10時間に設定する変形労働時間制を導入しています。

なので、通常のフルタイム勤務(8時間×5日=週40時間)と同額の給与が支給されています。

あとがき

週休3日で検索すると、テンプスタッフ、マイナビ、インディードなどたくさんの求人情報がありました。

週休3日制は、持病のある人にもメリットが沢山ある制度だと思います。

週休3日制だと、通信大学を学ぶということも出来やすいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です