国民一律5万円の定額給付金“追加支給”は実現する?15万円もらえるの?

10月14日、自民党の長島昭久さん はじめ衆院議員らが、緊急経済対策として定額給付金10万円に、さらに追加で5万円支給することなどを求める要望書を菅首相に提出してくださいました!

なんて慈悲深い議員さんでしょうか!!

ネットでは「15万円もらえる」という声も上がっていますね。

真相どうなっているのか?!


国民一律5万円の定額給付金“追加支給”は実現する?

衆院議員さんたちの要望に対して菅首相は「そういう方向で頑張る」と応じてくださったそうですが、果たして現実となるのでしょうか?

加藤官房長官は、「 今、足元経済、大変厳しい状況にあります。

必要があれば躊躇なく、そして臨機応変にタイミングを逸することなく経済への対応をしていきたい。」と述べています。

わたしは、パートで働いていますし、夫の勤める会社もコロナでの悪影響をうけていますから、定額給付金追加支給は大変ありがたいことです。

ぜひお願い申し上げます♡♡♡

定額給付金追加支給が実現したら家族で温泉旅行に

これは冗談で、来年の夏休みの旅行代のため預金しておきます。

これもつまんないホラでして、子供のために預金しておいて使うと思います。

15万円もらえるの?

https://twitter.com/nagisabalcony/status/1316771596456001537

ぜひ15万円もらいたいですね!

ネット上には「15万円もらえるの」と誤解の声が上がっているんです。これはどういうことなのでしょう?

「イット!」10月15日放送分によりますと・・・。

この新たな給付案ですが、ネット上には「15万円らえるの?」と誤解の声が上がっているんですね。これはどういうことなのか?要望書の内容を見てみましょう。確かに「国民一人当たり5万円の定額給付金を追加支給」と書かれています。さらに、「第3次補正予算の年内編成」の中で「定額給付金の支給の継続」という文言があります

ネット上ではこの部分に注目して「これが10万円なのかな」となり、「追加の5万円と合わせて15万円もらえるのではないか」というような声が上がっていたのです

「#15万円」というワードも出ていましたね

これについて、要望書を提出した長島昭久議員に先ほど話を聞きました

遅くとも年度内に5万円給付、まずひとつ必要じゃないかと。プラス10万円で15万円じゃないかという議論が、かなり盛り上がっていますが、我々そこは金額は特定していません

ということで「15万円支給というのは早合点」誤解だったというところです

「要望したのはまず5万円」ということですね

「具体的な額としては5万円」ということです。ただ、この5万円についても、ある政府関係者からは「借金がまた増えてしまう。一律じゃなくて苦しい人にちゃんと渡さないと…」とか、「総理から指示なんて全くきていないし、議論の俎上にすらのっていない」という声も聞かれ、あくまでまだ要望段階であるとのことでした

前回の10万円の給付でどのような経済効果があったのか、そこの検証も必要だと思いますし、やはり困ってる人のところに…ということを考えないといけないんですよね

雇い止めや中小零細企業は経営に行き詰まるということを考えると、そういう方たちにとっては15万円でも少ないですよね。一番弱いところに手当をするのであれば、5階(誤解)で止まっていないで10階まで跳ね上がるぐらいの勢いでやってほしいです

一律でいいのか、という議論も必要になってくるかもしれないですね

それから、貯金したいという気持ちもわかりますが、給付金をいかに消費喚起に回すかというところもポイントだと思います

ご安心ください。わたしは、ほとんど預金せずに少額ですが・・・お金をグルングルン、大いに回し続けています!!

私事ですがコロナのせいで、浪費グセがなおることだけはプラスになりました。

ちまたの反応は?

わたしも、ベーシックインカムの心の準備はできております。

皆さん、ごもっともな意見を代弁してくださっていますね。

わたしは、給付金を使いきる自身は満々です!!

しかしもらうだけでなく、自分でも稼ぎたいです。

子どもたちのためや自分の老後のために預金するなど、お金はいくらあっても良いですからね。

最後まで読んでいただき有難うございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です