長瀬智也がジャニーズを退所する理由は?今後はテレビに出ないの?

7月22日夜、来年3月で長瀬智也さんがジャニーズ事務所を退所することを発表しました。

城島茂さん、国分太一さん、松岡昌宏さんの3人が株式会社TOKIOを設立するそうです。

長瀬さんは「他の事務所に所属せず、裏方の仕事をする」方針でいくそうですが、今後はどうするのでしょうか?


ジャニーズを退所する長瀬智也の思いは?

「30年間お世話になり育てて頂いたジャニーズ事務所には、感謝の言葉よりも気持ちの詰まった作品でお返ししたいという想いでなんとかやって来た30年間でした。

色々な方々に支えられながら、自分らしく僕のような人間がこんなに輝かしい場所で自由に表現させて頂けたことに心より感謝しています」

「僕は今、これで終わりだと肩を落とすよりも、よく此処までやって来れたなとメンバー全員を讃えます」「最高のメンバーと幾つもの作品を共に作っていく中で自分達にしか出来ないモノを見つけることが出来たような気がします」

「応援してくださった皆さんのおかげで26年間成長することが出来て、その間に生まれた沢山の作品はこれからもずっと僕らの宝物です」

TOKIOへの愛と感謝が一杯つまった言葉が印象的です。

今後の方向性は?

長瀬さんは「少年時代にジャニーから教えられた“人の個性を大切にする”という考え方のもと、長年にわたって培ってきた表現者としてのクリエイティビティーを活かし、他事務所に属することなく、裏方としてゼロから新しい仕事の形を創り上げていくことになりました」といっています。

退所する理由は?

はっきりとした理由は述べていませんが、長瀬さんがジャニーズ事務所を退所するのは、音楽活動をしていないことの不満もあったと思われています。

山口さんが脱退したあとTOKIOは音楽活動を行っていないからです。

また、長瀬さんはいろんなことをやりたい?!という強い気持ちをもっているのではないでしょうか?

テレビにはもう出ないの?

これほど事務所やグループへの感謝や愛情を伝えておけば、いつの日かTOKIOのメンバーやジャニーズ事務所のタレントと仕事をすることになったとしても異論は出ないでしょう。

長瀬さんはTOKIOの曲を作曲していたので、作曲家として活躍する可能性がありますね。

長瀬さんが音楽関係のプロデュースや作曲をすることは十分にありえることでしょう。

松岡さんは長瀬さんが再びTOKIOに関わる可能性について聞かれたとき、「『絶対ない』とは言えない」と答えていました。

「互いの活動が軌道に乗ったら、再び集まることがあるかもしれない」という期待感を残すコメントはさすがスターですね!

あとがき

長瀬さんやTOKIOの他メンバーたちの今後の活動が楽しみですね。

実力があって、周りに支持されるからドンドン成功していくんですね。

見えないところでどんな努力をしているのか?のぞいてみたいな!と思います。

最後まで読んでいただき有難うございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です