管義偉の息子や妻はどんな人なの?管義偉が引退までにやりたいことは?

時期総裁候補として期待が寄せられている管義偉(すが・よしひで)さん。

内閣官房長官としての活躍をみていると、総裁候補なのがうなずけますね。

今回は、管義偉さんの家族について調べてみました。


管義偉の息子は?

当時6カ月、3歳、6歳の3人の息子を抱えて、戸別訪問などで陰ながら菅氏を支えてきたのが真理子夫人だ。

文春オンライン

お子さんは3人いるようです。

長男はどんな人?

長男は、明治学院を出ています。

長男は現在、菅さんの秘書を務めていると言われています。

長男は柔道をやっていました。次男はサッカー、3番目はバスケットをやりました。

次男はどんな人?

菅さんは息子が東大なんで、東大出身の官僚に対するコンプレックスがまったくない

2018年7月25日付のNHK政治マガジン

菅義偉衆院議員の息子さんは、同じ東大法学部の3つ先輩にあたる

山本一太議員のブログ

山本一太議員のブログに、根本匠(ねもと・たくみ)衆院議員の長男に関する記事がありまして、長男の名前は根本拓さんで、2009年に東大を卒業しています。

年齢から計算すると、3つ先輩に当たるのは菅官房長官の次男にあたります。

だから次男が東大法学部出身であることが分かりますね。

菅義偉さんの次男は、東大でアメフトをやっていたんです。

菅さんの息子さんは、三井物産や大成建設に勤めているという噂があります。

次男は中学校でサッカーをしていました。

三男はどんな人?

三男は、RADWIMPSの野田洋次郎(のだ・ようじろう)さんと中学・高校の同級生です。

3男は中学校では、バスケットをしていました。

野田さんは桐蔭学園出身なので、三男も桐蔭出身だと思われます。

その後、法政大学に進み、強豪の体育会アメリカンフットボール部に所属していました。

新国立競技場や辺野古基地の建設工事を請け負っているのが大成建設なんですけど、三男は「大成建設に勤めている」と噂されていますね。

管義偉の妻はどんな人

当時6カ月、3歳、6歳の3人の息子を抱えて、戸別訪問などで陰ながら菅氏を支えてきたのが真理子夫人だ。不思議なことに、菅氏のインタビュー記事を検索しても、夫人についてのコメントはほとんどない。

文春オンライン

夫人についてのコメントは、インタビュー記事を検索してもほとんどありませんね。

夫人と出会ったのは、小此木事務所でした。

夫人は女性秘書でした。

家事手伝いみたいな感じで、事務所にもよく顔を出していたそうです。

結婚したのは30歳のころです。

プロポーズの言葉「それは全然覚えていない(苦笑)」

奥さんについての記事がほとんどないのは、「本人が表に出るのが大嫌い」だからだそうです。

政治家の妻タイプだと見込んで結婚たわけではないようです。

管義偉さん自身政治家になるつもりはなかったんですね。

政治家になると打ち明けたときは否応なしで「選挙のときだけ手伝ってくれ、ほかは出さないから。」と頼んだそうです。

「令和」発表の際の青色のネクタイは真理子夫人が選ばれたそうですよ。

普段は記者会見などでテレビに出る機会も多いので、支援者の方々から会見でぜひ着けてほしいと贈られたものなどを着けています。

でも、元号発表の時くらいは奥さんに選んでもらおうとしたんです。

微笑ましいですね。

たくさんネクタイを買ってきて、「ああでもない」「こうでもない」と私の胸に当てて迷っていましたね。「好きなやつにしたら」と言いましたが(笑)

文春オンライン

夫人は、表に出るのが得意ではないようです。

でも、実際に政治をしてくださるのは管義偉さんなので、なんとでもなるのではないでしょうか?

こんな国難のときに総理大臣を努めてくださるとしたら、それだけで感謝できますね!

管義偉が子供に「運動部入りを義務づけたのはなぜか?」

私は仕事柄、家庭にあまりいられないので十分な躾ができないですから。部活というのは躾をしてくれますよね。部活をちゃんと続けられれば、社会に出ても、まあ一生飯は食っていけるだろうと思ったんです。

文春オンラインより

そのかいあって、3人とも菅さんに就職を頼んだりするのは一番嫌がるような人間になりました。

菅さんも、自分が就職のアドバイスをするようなのは一番嫌なんだそうです。

クリーンで、自発的な息子さんたちに育ってよかったです。

頼もしいですね!!

管義偉の酔っぱらい疑惑

菅の家に泊まりに行くとお父さんが帰ってきてあれこれ酔っぱらいながら話をしてくれた。少し目が怖いけど優しい人だった

野田洋次郎 ツイッター

下戸なので酔っぱってはいなかったそうです。

息子さんは3人とも運動部だから、それぞれの友達がいつも大勢泊まりに来ていたんですね。

菅さんは子どもたちが集まっていると、「おいっ! ちゃんと勉強してるか」とか言いながら肩を組んで、必ず会話の中に入っていくわけです。

菅さんの子が「だめだ、だめだ」と言うそうなんですが・・・。

真面目な話は全然していないそうです。

だから酔っぱらって見えたのかもしれないですね。

管義偉が引退までに「これだけはやりたい」ということは?

社会保障制度の改革です。

今、安倍政権では新たなテーマとして「全世代型社会保障制度の実現」に取り組んでいます。

これまでは社会保障全体の給付のうち高齢者向けが7割でした。

これを全ての世代が安心して利用できる制度にして、次の世代に引き渡すことができるように、まず、若者や子育て世帯に大胆に投資をします。

今度の消費税率引き上げの財源のうち約2兆円を幼児教育や大学の無償化にあてます。

医療もこれまでは病気になってからの治療が中心でしたが、

予防のためのインセンティブをつけて、健康寿命を延ばしていきます。

制度の中にあるさまざまな無駄についても切り込んでいきます。これらの改革を残りの任期で着実に実現したいと思っています。

ぜひ、お願いします!!

管義偉のプロフィール

  • 生年月日:1948年12月6日
  • 年齢:71才(2020年9月現在)
  • 出身地:秋田県雄勝郡秋ノ宮村
  • 最終学歴:法政大学法学部政治学科
  • 96年、衆議院議員選挙に初当選。
  • 総務大臣などを歴任し、2012年12月より内閣官房長官を務める。

あとがき

1967年に上京し、高校の就職課に紹介してもらった 板橋区の段ボール工場で働くが、数カ月で退職というところからの出発だった菅さん。

アルバイト生活を経て、 1969年4月 法政大学法学部政治学科に入学

その後の努力の積み重ねで、総理大臣候補にまで上り詰められました。

尊敬します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です