コロナワクチンはどんな会社が作ってる?コロナ治療薬アビガンは有効?

わたしたちのコロナにより受ける影響は多大なものがありますよね。

早く治療薬やワクチンができてほしい!と思い始めて8ヶ月ほどたちました。

やりました!!やっとワクチンや治療薬ができそうな兆しがでてきたんです。


コロナワクチン大規模治験始まる!

米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は最大6万人を対象する新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの臨床試験を開始しました。

1回の接種で効く可能性があるコロナワクチンの米国での大規模治験は初めてだそうです。

被験者登録が予定通りに進めば、年末にも結果が判明する可能性があります。

効果が確認されれば来年の早い時期の緊急使用許可(EUA)申請に道が開かれると、ポール・ストッフルズ最高科学責任者は述べました。

今回の試験の仕方はワクチンをプラセボ(偽薬)と比較し、中等度から重度のCOVID19症例を減らすことの証明を目標にしているようです。

1回の接種で効く可能性があるワクチンのほうが便利ですよね!

何回も病院に摂取しに行くのも大変だし、二回目を打ちに行く前にコロナになってしまったら大変です。

早くワクチンを摂取したいです。

でもお値段が気になりますね。

できれば15歳までの子供やお年寄りは、無料だったらいいのにと思ってしまいます。

コロナワクチンはどんな会社が作っている?

ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、J&Jなどの会社が作っています。

コロナ治療薬アビガンは有効?

富士フイルムは9月23日、子会社の富士フイルム富山化学が、新型コロナウイルス治療薬候補「アビガン」の国内臨床第III相試験において、主要評価項目を達成したと発表しました。

富士フイルム富山化学は今年3月、重篤ではない肺炎の症状を示した新型コロナ患者を対象にアビガンの国内臨床第III相試験を始めました。

アビガンの投与で早期の症状改善を確認しています。本試験でも、安全性上の新たな心配はなかったそうです。

富士フイルム富山化学は、本試験の詳細なデータ解析および申請に必要な業務を進め、10月中にもアビガンの製造販売承認事項一部変更承認申請をする予定です。

早くコロナの治療薬が、発売されるといいですね。

治療薬があると思えるだけで、安心感がありますからね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です