ぎんなんの効能と食べ方は?ぎんなんの毒性とはなに?

10月から11月にギンナンに関する相談件数が増加するということで、先日日本中毒情報センターがギンナンの食べ過ぎについて注意を呼びかけていました。

ギンナンには毒性があることがわかりましたので、書いてみますね!


ぎんなんの毒性とはなに?

ギンナンはイチョウの実の部分を指し、炒って塩をかけて食べると美味しいですね。

でも、食べ過ぎるとギンナンに含まれる毒性成分が体に悪い作用をします。

毒性成分の名は通称「ギンコトキシン(Ginkgotoxin)」。変な名前ですが、国際的にそう呼ばれています。

ギンコトキシンはビタミンB6(ピリドキシン)に似た、4′-O-メチルピリドキシンという物質です。

ビタミンB6はそもそも何をしているのかというところですが、主にアミノ酸の代謝やブドウ糖の産生、脂質代謝に関わる補酵素です。

特に、グルタミン酸(アミノ酸の一種で主要な興奮性神経伝達物質)から、抑制性神経伝達物質であるガンマアミノ酪酸(GABA)を産生する際に補酵素として働く重要な物質です。

ぎんなんを食べすぎるとどうなる?

ギンナンを食べ過ぎると、嘔気嘔吐を誘発する他、痙攣発作を起こすことが知られています。

ギンコトキシンがビタミンB6の働きを阻害すると、GABAが産生されないという事態に陥ります。

GABAは脳神経の興奮を抑制させる物質ですから、それがなくなった結果、異常興奮して痙攣を起こすと考えられています。

痙攣発作は特に小児で起こりやすく、6~7個を食べて痙攣を起こした例もあったということです。

成人でも1kgのギンナンを消費したところ、痙攣発作が起こったという報告があります。

一般的なギンナンは殻付きで3g、可食部2g程度ですから、数百個食べてしまったことになります。

ナッツ感覚で食べてしまうと、体に害があるということですね!!

ギンコトキシンは熱に安定的で、炒っても揚げても毒性は低下しません。

ギンナン中毒の治療はビタミンB6の投与になります。

ビタミンB6製剤を投与することになります。

注射製剤がない場合は、錠剤を飲む治療をするそうです。

ぎんなんの効能は?

ギンナンは脂質、糖質、たんぱく質、ビタミンA・B群、ビタミンC、鉄分、カリウムなど多くの成分を豊富に含んでいます。

特にビタミンB1とミネラルのバランスがよく、糖質が多いことが特徴。

糖質が豊富なことから、即効性のあるスタミナ食や薬用として中国では古くから食用に利用されていました。

ビタミンB1も多く含まれ、脳の中枢神経や手足などの末梢神経の機能を正常に保つ働きがあります。

疲労回復や食欲不振、肩こり、イライラの解消などが期待できます。

また、カリウムには体外へ余分な塩分を排出する働きがあり、

利尿作用のほか、高血圧やむくみの改善に良いですね。

ぎんなんの食べ方は?

ギンナンの塩煎り

良い具合に塩味がついて美味しそうですよ!

レンジで茶碗蒸し

茶碗蒸しが大好きだけど、蒸すのが面倒くさい時に便利!

えびとぎんなんの炒

プリプリのエビの食感と、モチモチのギンナン。

ネギ、ショウガ、ニンニクの風味で食が進みそうです。

どれかひとつ作ってみたいです。

くれぐれも小さいお子さんには、5個以上あげないほうがよいですね!

最後まで読んでくださってありがとうございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です