2020’ヤマハバイクのリコールの原因はなに?対象機種は?

ヤマハは15日に、不具合のあったオートバイ10車種計7万8230台(2014年10月~20年4月製造)の無償修理を国土交通省に届け出ました。

原因や対象機種について見てみましょう!


ヤマハバイクのリコールの原因はなに?

後部反射器において、反射鏡を成型する金型の管理が不適切なため、反射鏡面に凹凸ができているものがあります。

そのため、反射光が散乱して保安基準第38条(後部反射器の基準)に適合しないおそれがあります。

改善措置としては、後部反射器を良品に交換するそうです。

ヤマハバイクのリコール対象機種は?

通称名リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間
「NMAX125」SE86J-001001~SE86J-013440
平成27年9月21日~平成29年4月28日
「NMAX125」SED6J-001001~SED6J-010520
平成29年5月20日~令和2年3月26日
「NMAX150」SG50J-001001~SG50J-007440
平成29年2月2日~令和2年2月23日
「XMAX250」SG42J-001001~SG42J-007041
平成29年10月17日~令和2年3月31日
「YZF-R25」RG10J-001001~RG10J-022561
平成26年10月6日~平成29年8月23日
「YZF-R25A」RG10J-006561~RG10J-021761
平成27年2月12日~平成29年7月20日
「MT250」RG10J-008962~RG10J-022161
平成27年6月22日~平成29年8月1日
「YZF-R25」RG43J-001001~RG43J-014560
平成29年10月20日~令和2年3月17日
「YZF-R25A」RG43J-001041~RG43J-014720
平成29年10月24日~令和2年4月1日
「MT250」RG43J-001281~RG43J-012440
平成29年11月7日~令和元年10月24日
「MT-25A」RG43J-012841~RG43J-014640
令和元年12月9日~令和2年3月24日
「YZF-R3A」RH07J-001001~RH07J-006280
平成27年1月31日~平成29年7月13日
「MT320」RH07J-001641~RH07J-005920
平成27年6月22日~平成29年6月15日
「YZF-R3A」RH13J-001001~RH13J-005281
平成29年10月9日~令和2年3月19日
「MT320」RH13J-001081~RH13J-004324
平成29年11月6日~令和元年9月22日
「MT-03A」RH13J-004525~RH13J-005244
令和元年12月10日~令和2年3月18日

ヤマハ(株) 市場改修お客様相談窓口

受付時間:10:00~12:30 / 13:30~18:00 月~金曜日

電話 0120-133-120

対象機種をおもちの方は、お早めにお問い合わせしてみてください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です