向井康二の兄の現在の仕事と退所理由は?向井康二の理想のキスは?

この前の「滝行ドッキリ」シーン、面白かったですね。

「2ndシングル『KISSIN’ MY LIPS』ミリオンヒット祈願」のためと称して、ニセの番組でクイズ対決をし、負けたら滝に打たれるというもの。

クイズは15文字以上のことわざを答えるというものだが、向井はあらかじめことわざを5つ暗記。

負けた深澤&渡辺が滝行深澤&渡辺をするという作戦で、「名付けて、“滝川くらってる(滝川クリステル)ドッキリ”」というダジャレまじりのネーミングまで用意しています。

でも深澤&渡辺はカンペで答えをカンニングできて、いくらでも答えられるので、なんと康二さんが滝に打たれることに・・・。

滝に打たれた背中が、さすがかっこいいですね!

ボクシングをやっているだけあります!!

全面もはだけてしまって、かなり乱れ具合が面白かったです。


向井兄弟のデビューのきっかけは?

お兄さんは向井達郎さんです。

向井康二さんのお母さんはタイの方で、子供の頃はタイで生活していました。

タイでは兄弟揃って、ムエタイをやっていました。

向井康二さんが小学2年生の時に、滝沢秀明さんの仕事で、タイに来ていたジャニさん。

偶然に向井康二さんが通っていたムエタイの道場に、ジャニさんが訪れ、飾ってあった向井康二さんの写真を見つけて、電話をかけてきたのがデビューのきっかけです。

すごいラッキーな出会いですよ!

向井康二さんが兄がいることを話したことかで、兄弟揃って入所。

2006年10月8日から、生活を日本に移します。

習っていたムエタイを元にし、兄弟で2006年に「ムエタイ向井ブラザーズ」を結成します。

兄の退所理由とその後の仕事は?

2010年ころの退所となりますが退所の理由は、「もっと真剣にダンスに取り組みたいから」と語っています。

向井達郎さんは退所後、大阪府枚方市にある関西外国語大学に進学して、ストリートダンスサークル【NODcrew】で活動しています。

今ではプロのダンサーとして活動しています。

そして、アパレル関係の仕事もしています。

お兄さんのアパレルブランド名は、『ENEBEYC』(エネベイク)といって、一期一会という意味なんだそうです。

ストリートファッションのブランドで、パーカーやキャップなどを販売しています。

オンライショップを開設されているそうです。

向井康二の理想のキスは?

「場所は人気のない夜の海。

目が合って、10秒くらい無言で見つめ合ったあとにすーっと。

いや、やっぱり『顔どっちに傾ける?』とか聞いて楽しませたいです!」

ぜひ楽しませてあげてください!って、どの人を?!

向井康二さんの自分のチャームポイントは?

「顔のほくろです。鼻にあるのがとくに好きですね。人に甘えちゃうほうなので、末っ子感があると思います」

鼻の下になくて、良かったね!

鼻く○と間違えられるから(うそ)

向井康二さんは、キレイ好きなので、1日2回は掃除するそうです。

「潔癖ってわけじゃないんですけど、整理整頓されていないと嫌なんですよ。あと、Tシャツ集めにもハマってます」だそうですよ。

わたしは掃除が苦手なんで、素晴らしい!と思います。

ファンなので、Tシャツ一枚頂戴!!♡

最後まで読んでいただき有難うございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です