オンライン診療できるLINE ドクターとは?LINE ヘルスケアて何?

クリニックの検索・予約から実際の診察・決済まで、全てLINE上で完結できるオンライン診療サービスが11 月から提供開始されることになりました。

LINEヘルスケアは、昨年の12 月より LINEで直接医師に相談できる「健康相談サービス」の提供を開始しています。

オンライン診療は、高齢者の通院の負担解消や近くに病院が無い地域の住民にも、平等な医療の提供ができることが強みです。

しかし、ユーザー側の導入ハードルの高さや医療機関側の導入のコストの負荷等が、オンライン診療浸透の課題の1つでした。

LINE ドクターとはどのようなサービスなのでしょうか?


LINE ドクターのサービスとは?

LINEビデオ通話を利用して、医師の診察を受ける事ができるオンライン診療サービス。

新たなアプリをダウンロードする必要も無く、クリニックの検索・予約から、診察、そして決済まで、LINEアプリ上で行うことができます。

また、オンライン診察を利用するための追加手数料は一切かからず、ユーザーは診察費のみで利用可能となります。

処方箋による薬代や薬の配送料金等は、別途必要となります。

LINEドクターであれば、LINEで、診察を行う事ができるので、患者側の導入ハードルを下げる事ができて便利ですね。

LINE ドクターの今後の展開

「オンライン服薬指導」との連携も予定しています。

自宅にいながら、医師の診察を受けることだけではおわりません。

処方された薬を薬剤師の服薬指導のもと、自宅で受け取る事ができるのを実現していくそうです。

LINE ヘルスケアとは?

LINE ヘルスケアは、遠隔医療相談です。

いわゆる”オンライン診療”とは異なり、具体的な診断や薬の処方などは対応できません。

「この症状、すぐに病院にいくべき?」「何科に行ったらいいの?」などの疑問に、医師が経験・知識をもとに回答いたします。

便秘など対面では相談しづらい悩みも、相談しやすいというメリットがあります。

利用方法

  • LINEヘルスケアを立ち上げて、氏名(匿名相談も可能)、年齢、身長などの基本健康情報を登録します。
  • 「頭痛」や「花粉症」などのテーマや、診療科から相談したい医師を選びます。
  • 「いますぐ相談する」「相談を予約する」「あとから回答をもらう」から相談方法を選びます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、9月30日までサービスを無料で提供しているそうです。

その後の支払い方法は、ラインペイで行います。

回答者は、医師免許のある医師が実名で相談に答えてくれるので、安心ですね。

https://twitter.com/Kai_0722_/status/1244486900095660033

ラインヘルスケアで、コロナの不安を少しでも取り除けたらいいですね。

病院でなかなか対応ができないときなどに便利です。

最後まで読んでいただき有難うございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です