「iOS 14」デフォルトアプリ変更にバグがでた!どんな不具合なのか?

AppleのモバイルOS「iOS 14」に最初の大きなバグが見つかったようです。

どんな不具合があったのか見てみましょう!


iOS 14の機能

この無償ソフトウェアアップデートでは、アプリを整理する便利な方法が提供されました。

ホーム画面にウィジェットが配置可能となり、ウェブ閲覧やメールに使用するデフォルトアプリが変更できるなど、多くのユーザーから長い間要望のあった機能が含まれています。

どんな不具合なのか?

デフォルトアプリの変更については、一部で不具合が生じているようです。

Twitter上では、デフォルトのメールとブラウザーを変更しても、端末を再起動すると「Safari」や「メール」に戻ってしまうとのバグを訴える投稿が増えています。

例えばデフォルトのブラウザーをGoogleのクロームに設定すると、その時は期待通りに動作し、アプリやブラウザー内の任意のリンクをタップすればChromeが起動します。

しかし、端末を再起動するとデフォルトのブラウザーがAppleのSafariに戻ってしまうというのです。  

Apple、Google、マイクロソフトいずれもコメントの依頼にすぐには応じなかったようです。

米CNETは、iOS 14を搭載するiPhoneでこのバグを確認することができそうです。(朝日インタラクティブより)

ホーム画面にウィジェットを置ける!

Siriが使いやすくなった

Appを収納できる

ピクチャインピクチャは超嬉しい

good oneより

良い点もたくさんあるようですが、早く不具合が改良されるといいですね。

不具合まとめ

あとがき

わたしは、機械が苦手なので説明書を読むのも拒絶反応がでてしまいます。

ワードプレスのバージョンアップでは、驚きの連続でした!

パソコンの全ての機能が、わたしでもわかりやすいようになってくれると嬉しいです。

最後まで読んでいただき有難うございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です