アニメ『鬼滅の刃』の代表曲「紅蓮華」が大ヒット!LiSAの生い立ちとデビュー

紅蓮華(ぐれんげ)が、7月29日発表の最新「オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング」で、週間DL数1.4万DL(13,678DL)、累積DL数100.2万DL(1,001,773DL)を記録しました。

LiSAさんのほかの曲についても、知りたくありませんか?


アニメ『鬼滅の刃』の代表曲「紅蓮華」大ヒット!

重厚で激しいロックサウンドと激しい思いが伝わる歌詞、LiSAのパワフルな歌声が魅力の本作は、大ヒットテレビアニメ『鬼滅の刃』(TOKYO MXほか)のオープニングテーマとして、昨年4月の配信開始から1年以上にわたるロングセールスを記録。

またカラオケでも人気で、6/1付から前月7/20付まで8週連続1位を獲得しています。

LiSAさんの生い立ちとデビューまで

本名は、織部里沙。

1987年6月24日生まれ。B型。岐阜県出身です。

33歳には、見えないですね。わか〜い!!

母親の影響で3歳からピアノを習っていました。幼稚園年長組の時、人見知りを直そうと母親が地元のミュージカル教室に通わせました。

習い事は他にもしていたがミュージカルが一番楽しくて、歌うことが好きになります。

小学校中学年の頃、テレビでスピードが格好良く歌い踊る姿に憧れを抱いたようです。

中学に入る頃までミュージカル教室の延長で歌とダンスのレッスンを続けていました。

中学2年生の時、バンドをやっていた3年生の先輩達から卒業ライブでのボーカルを頼まれたんです。

聴かせてもらったアブリル・ラビーンが物凄く格好良く思えたそうです。

ロックなど全く知らなかったけど、メンバーの自宅の蔵にある防音室で、一緒に練習を重ねたそうです。

卒業ライブでアヴリル・ラヴィーン、ラブ・サイケデリコ、エゴラッピンなどを演奏しました。

2005年、高校に入ってすぐに新しいポップパンクバンド「CHUCKY」を結成し、ボーカルとして活動開始。

2008年、上京し、ロックバンド「Love is Same All」を結成、ボーカルとして活動。

2010年テレビアニメの「エンジェル ビーツ」の作中バンド「ガールズ・デッド・モンスター」の2代目ボーカル・ユイ役の歌唱パートに抜擢されて、「LiSA」名義でメジャーデビューをはたします!

LiSA Official YouTube 

こちらで、いろんな曲が聞けます!

あとがき

とても耳障りのいい、聞きやすい歌声でした。

スレンダーで可愛らしいですし〜!!

最後まで読んでいただき有難うございました。


1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です