家政婦のミタゾノの過去!あらすじ、キャスト、原作!松岡昌宏がクール

今回は毎週金曜よる11時15分からの「家政婦のミタゾノ」について書くね。

松岡昌宏主演のドラマとして2016年10月クールにスタートしたドラマが戻ってきたよ。

家事のスキルは完璧、でも無表情で何を考えているのかわからない上、なぜか女装しているという謎に満ちた“最強の家政夫”が、松岡演じるミタゾノ。

依頼人の家庭の内情を覗き見しては、その秘密をネタにその家を崩壊させるのが趣味、というなんともハタ迷惑な家政夫だ。

実際にそんな人がいたら、かき回されて大変だね。


特別編のあらすじ

外出自粛期間にも関わらず、やむを得ず大阪へ出張することになった柴田明彦(音尾琢真)。

出張先からビデオ通話アプリで妻の真理子(奥菜恵)と会話をし、その通話を終えると…そこは愛人である吉野美玖(筧美和子)の部屋だった! 明彦は3日間の出張と偽り、美玖との逢瀬を楽しもうとしていたのだ。

そんな明彦の留守宅に、『むすび家政婦紹介所』の特別サービスとして1日分のおかずを作り、真理子に届けることになった三田園薫(松岡昌宏)。

さっそく自宅を訪問するも、ステイホームしているはずの真理子の姿がない。明彦に電話をかけ、そのことを伝えた三田園は、なぜか開いたままになっていた窓から侵入して様子を見て欲しいと頼まれ、部屋の中へ。すると、そこには干されていない洗濯物と、作りかけのサラダの具材が放置されていた…。


 真理子は家出をしてしまったのか、それとも自分の浮気がバレてしまったのか――不安な気持ちを抱えながら、明彦は三田園に、しばらく家で待機してくれるよう依頼する。

 “掃除”という名目で家の中を探った三田園から「奥様は失踪したのでは…」と告げられた明彦。

「この自粛期間中、夫婦間のトラブルが急増している」と脅かされ、自分に疑いの目が向くことを恐れるが、メッセージアプリの履歴には真理子との不仲を示唆するやりとりや、美玖との不倫の証拠になるようなやりとりが多数残されている。


 さらに三田園は、真理子がいなくなる前に多額の現金を引き出していたことや、意味深な書き置きが残されていたことも探り出し…妻・真理子は一体どこに消えたのか!?

キャストはだれ?

三田園薫(みたぞの・かおる)……… 松岡昌宏

むすび家政婦紹介所に所属する家政夫。寡黙で神出鬼没、何を考えているかわからない上に、なぜか女装をしている謎多き人物。家事のスキルはプロ級。驚異の身体能力も併せ持つ。

村田光(むらた・ひかる)……… 伊野尾慧 

むすび家政婦紹介所の家政夫。所長の頼子の甥っ子で、現在はアイドルを目指して休日はダンスレッスンをしながら(腰掛けで)家政夫をしている。人を信じやすく、ピュアな性格は相変わらずで、先輩家政婦たちからも可愛がられているが、家事スキルは一向に上がらず。

霧島舞………飯豊まりえ

霧島舞(きりしま・まい)……… 飯豊まりえ

むすび家政婦紹介所の家政夫。所長の頼子の甥っ子で、現在はアイドルを目指して休日はダンスレッスンをしながら(腰掛けで)家政夫をしている。人を信じやすく、ピュアな性格は相変わらずで、先輩家政婦たちからも可愛がられているが、家事スキルは一向に上がらず。

式根志摩(しきね・しま)……… しゅはまはるみ

むすび家政婦紹介所に所属する家政婦。噂好きで特に男女関係のスキャンダルは大好物。褒められてしまうと何でも言うことを聞いてしまう弱点もある。

阿部真理亜(あべ・まりあ)……… 平田敦子

むすび家政婦紹介所に所属する家政婦。長年の家政婦経験により、膨大な情報量と幅広い人脈を持っていて、あらゆるジャンルの最新のトレンド情報にも長けている。おやつを間食することとスキャンダルが大好物。

結頼子(むすび・よりこ)……… 余貴美子

三田園たちが所属する、むすび家政婦紹介所の所長。三田園が毎度依頼人の秘密を暴いてくることにハラハラしながらも、その秘密を聞くのを楽しみにしている部分もある。三田園の事情を知り、家政夫として雇っている。

原作は?

原作はありません。香坂隆史さんの脚本です。

ミタゾノの過去とは?

昔ジャーナリストだった三田園薫(松岡昌宏)は、大臣とアイドルの密会をスクープしようとしていた。しかしそれは政界と芸能界のタブーだった。

そこで三田園の妹に家政婦として潜入して情報を探らせる。

無事に潜入した妹だったけど、ある日階段から落下して死亡。

おそらく、潜入がバレてしまったことで殺害されてしまったのだ。

そのことがきっかけで家政夫・三田園薫が誕生したと語られたが、後にそれは三田園が頼子に吹き込んだ作り話だったことが明かされている。

しかし、妹が死亡したと思われる場所に三田園が献花をしていることから、何らかの事情で妹を亡くしたのは事実のようだ。

そして、三田園は妻子が危険にさらされることを恐れて、富田その子(片瀬那奈)が息子の毅(田中偉登)の元から去ったというのでした。

そして、ミタゾノの息子は女装趣味の少年でした。

妻は主婦たちから、お金を騙し取る投資詐欺師だった。

感想

ミタゾノは、とんでもなく癖のある人間だ。

こんな人が近くにいたら、面倒くさいかもしれない。

でも、いつも最後には悪いやつをギャフンといわせたり、問題のある人を良い方向へと導いている。

時代劇みたいに見た後に、スッキリとした気分にさせてくれる。

次回のスッキリ爽快なドラマを期待している。

最後まで読んでいただき有難うございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です