【大宮】出汁とうどんにこだわる「ゑべっさん」で胃腸も健康ランチ

今日ご紹介しますのは、ゑべっさん大宮店です。駅から近くて、そごうの9階にあるので気軽にいけます。

「うどん」と「そば」にこだわっているだけあり、麺が美味しいです。麺をよく理解していて「だし」もきいているところがこの店のウリです。

季節の素材を使った麺料理と御膳メニューは、目で見ても楽しく鮮やかです。

胃腸に優しいものが食べたい方にも適しているメニューがあるのも、おすすめポイントです。


おすすめのメニューはこれ!

ゑびす膳を食べました。味付けのすべてが出汁をきかせていて、関西風な感じです。好みの味付けばかりで飽きが来ません。

かに、卵、枝豆の入った彩りも豊かな汁は、関西風の出汁をきかせています。とろみのある汁が全部の具材をうまく調和させています。

弾力があって、モッチリしたうどんを入れると◎です。

天ぷらが、熱々で美味しいです。エビが一番好きですがシソも結構イケます。塩で食べても美味しいと思います。

カブやニンジン、ガンモドキなどの煮物が薄味で、1つずつの個性が発揮されています。

わたしと娘は茶碗蒸しが大好きなんです。ほんとに卵がフルフルで口の中でなめらかに溶けるというか、美味しいんですよ。エビ、鶏肉、銀杏、止まらない味ですね。

もちろんお刺身だって新鮮!しっかりしたクオリティーです。

いろんなメニュー

ゑびす膳1728円
2種類の小丼膳1288円
黄金餅の揚げ餅とおろし908円
とろろ昆布とあられの梅うどん908円
黒酢あんかけうどん926円
きつねうどん760円
ちゃんぽんうどん1080円
やみつきトマトの冷かけうどん980円
鶏唐揚おろしうどん1080円
白エビかき揚げ天おろしうどん1180円

お店の雰囲気や店舗情報

このお店は、平日でも12時前には行列ができてしまいます。いつも人気で混みやすいので早めにくるか、予約をとったほうが無難でしょう。

以前それを知らないで来て30分くらい待ち、個室に通してもらったことがあります。娘が小さくて、ワサワサ落ち着かないころだったのでよかったです。

丸いテーブルに掘りごたつの個室で、ゆっくりとランチを楽しめました。実家の母もここの食事が気に入っているようです。

他のテーブルは紅色の壁に濃い茶色のもので、椅子は普通の座り心地。木の桟でしきられています。

このお店で椅子の座り心地がよかったらとても長居してしまいそうだから、これでイイのだ!

客層は、年配の方が多いです。お友達同士や、親子でくるのもおすすめです。

店名ゑべっさん そごう大宮店
ジャンルうどん、蕎麦、和食
予約・
お問い合わせ
048-658-5811
予約可否予約可
住所さいたま市大宮区桜木町1-6-2そごう大宮店
交通手段
大宮駅徒歩1分(そごう9F)
大宮駅から263m
営業時間・定休日
営業時間
11:00~22:00(L.O.21:30)
日曜営業
定休日は、そごう大宮店に準ずる
予算¥1,000~¥1,999 
支払い方法カード可
席数66席
個室有(6人可)掘りごたつ有り
禁煙・喫煙全席禁煙
駐車場そごう大宮店の駐車場が有り
貸切不可

感想

ゑべっさんは、創業明治10年の伊勢路桑名の名代のうどん屋だった、歌行燈グループのつくったお店なんですね。

明治の文豪である泉鏡花の描く「歌行燈」は 明治末年の伊勢路、桑名(三重県)を舞台にしているんです。

能芸道のなかに人の生き様をからませ、男と女を精神的描写をもって表現しています。


その舞台のひとつであるうどんやで、唐辛子をかけて熱ものを食べる絶妙さは、心にしみるところなんですね。


このうどん屋のモデルが古き日の三重県「志満や」だそうです。

歌行燈というのは、文学から選んだ名前だったのですね。

うどんひとつにもドラマがあるんですね。

ゑべっさんという名前も、なんともおめでたい神様の名前であたたかい感じがします。

名前にも意味があるように、だしのとり方、麺の打ち方にも深い意味があるようです。

ご馳走さまでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です