錦織圭の年収の額と内訳!錦織圭のコーチはどんな人?

スポーツ長者番付のランキング上位に入っているというテニスの錦織圭選手!

錦織選手の年収はどれくらいなのでしょうか?

テニスの優勝賞金やスポンサー契約料金などについて調べてみました。


錦織圭の年収の額

米経済紙フォーブスによる2018年のスポーツ長者番付では、日本選手最高位となる3460万ドル(約38億円)ということで話題になりました。

錦織圭選手の年収は日本人のスポーツ選手ではトップです。

世界のプロスポーツ選手年収ランキングでも35位になっています。

テニス選手としては、フェデラー、ナダルに次ぐ3位となっています。

2013年 が年収約11億円 、2014年が 年収約23億円と2018年38億と、だんだんと年収を増やしているようですね。

日本人で錦織圭選手に続いているのは、米大リーグヤンキースの田中将大投手です。

田中選手は95位で(2310万ドル(25億5000万円)9位にランクインしています。

錦織圭の年収の内訳

38億という素晴らしい年収を手に入れている錦織圭選手。

その内訳は、獲得賞金とスポンサー料からのようです。

2018年の場合では、錦織圭選手の獲得賞金は約1億8000万円くらい。

スポンサー契約が約37億程度ということで、95%はスポンサー契約で占められているようです。

テニスの試合の優勝賞金とはどれくらいなのでしょうか?

世界のいわゆる4大大会(全豪、全仏、全英、全米オープン)をみてみます。

2018年の全豪オープン(オーストラリア)では、約3.5億円、全仏オープンでは約3億円、ウィンブルドン選手権(全英オープン)では約3.4億円くらいです。

錦織圭選手の生涯獲得賞金については、2018年時点で20億を超えているようですね。

錦織圭選手のスポンサー契約での年収はどうでしょう。

まず所属先の日清食品とは、2015年から2020年までの契約金は推定総額10億円超だそうです。

2020年の東京オリンピック開催を見越して、宣伝効果をねらったのでしょう。

錦織選手には所属先の日清食品の他に、ユニフォームやCMでも有名なユニクロ。ユニクロとの契約金は公表されていませんが、年間12億円と言われています。

ラケットを生涯使用することを約束したテニスメーカーのウィルソン、JAL、ウィダーinゼリーやジャガーなど多数のスポンサーがついています。

錦織圭の年収の推移

2006年520,000(プロ)
2007年5,360,000
2008年30,330,000(ATPツアーで初優勝、約3700万円)
2009年5,110,000(ATPワールドツアー最優秀新人賞受賞)
2010年17,140,000(ATPチャレンジツアー優勝、約3700万円)
2011年77,660,000(世界ランキング30位/ATPツアー準優勝、約6200万円)
2012年144,800,000(楽天ジャパンオープン優勝、約4300万円)
2013年118,090,000(ATPワールドツアー1000でベスト8、約1300万円~1600万円)
2014年402,000,000(グランドスラムで準優勝、約1億5000万円/世界ランキング5位)
2015年375,000,000(ダブルスでATPツアー準優勝、世界ランキング4位)

普段の努力と、試合の緊張感など大変でしょうけど、それにしてもすごい金額ですね。

錦織圭さんの才能が、羨ましいです!!

錦織圭選手の手取りはどのくらいなのでしょうか?

コーチ代や移動費、人件費といった経費に約7億円、税金に約17億円、健康保険に約85万円がかかっているそうです。

諸経費を差し引くと約15億円程度なのではないかと言われています。

錦織圭選手のコーチはどんな人?

マイケル・チャンコーチとダンテ・ ボティーニ コーチです。

マイケルコーチには、年間5800万円と、帯同した大会の賞金額から10%をボーナスとして渡しているそうです。

ダンテコーチとは、年間3000万円のコーチ契約をしています。

錦織選手は、コーチ陣以外にもフィジカル&メンタルトレーナー、栄養士などの14名ものスタッフがいます。

その費用は年間3億円くらいするようです。

錦織圭選手の趣味は?

錦織選手の趣味は、車とゴルフと言われています。

車は、スポンサーのジャガーのFタイプKEI NISHIKOLRI EDITIONという錦織選手モデルの愛車をもっています。

ゴルフも好好きでよくプレーするそうです。

錦織選手の自宅は、練習場所であるIMGアカデミーに近いフロリダ・ブラデントンにあります。

なんと現金で購入したそうです!!

85万ドル(約9350万円)の豪邸で、278平米の一戸建てだそうです。

つくづく羨ましい限りですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です