藤井聡太の年収はどれくらい?棋士の収入の仕組みについて!

18歳1カ月での二冠獲得と八段昇段.と、最年少記録を更新している藤井聡太さん。

2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段し、プロ入りを果たしています。

「空前絶後の大記録」と言わわれる偉業の達成で、コロナに沈む日本を明るくしてくれました。

名古屋大学教育学部付属高等学校に通っている、藤井聡太さんが手にいれるお金はどれくらいなのでしょうか?

収入の仕組みについてみてみませんか?


棋士の収入の仕組みについて!

棋士たちの主なる収入は「対局料」です。

公式戦で指すことで、一局ごとに得られる収入のことです。

金額は棋戦や対局ごとに違います。

また段位によっても変わるのだそうです。

「名人への挑戦権をかけて戦われる順位戦の対局料」という支払われかたもあります。

これはリーグ戦で、1人あたり年間で10局前後を指すことになっています。

1年ぶんの全対局の対局料を12カ月で割って、毎月支払われています。

所属するクラスが高ければ、金額も高くなっていく仕組みです。

月給制のような払われかたですね!

一年中、お金がいただけるから安心感があります。

強い棋士は、そんなこと気にもとめないと思いますけど。

(わたしだったら、月給制がいいです。)

対局料のほかに、タイトル戦やそれ以外の一般棋戦で優勝した場合などには、「賞金」も別に受け取ることになります。

藤井聡太の年収はどれくらい?

棋界の内部関係者の藤井二冠の2020年の年収の推定によると・・・。

藤井二冠は昨年のC級1組から今年はB級2組に昇級している。

ひとつクラスが上がると対局料が3割増え、タイトルを獲得するごとに、さらに対局料が3割増しになるシステムになっています。

今年は対局料だけで約2600万円の収入があるはずです」

FLASHより

今回、二冠を獲得したことで、その賞金も手に入りますね。

王位戦の賞金は1200万円、棋聖戦は700万円と推定されます。これを合わせて1900万円。

それに、先述の対局料ぶんの2600万円を合わせれば、今年の収入は約4500万円と推定できますね。

年内には、王将戦リーグや日本シリーズなどの対局もあり、その結果次第では5000万円台に届くかもしれないですよ!

藤井二冠はタイトルのなかでも賞金額が低い王位と棋聖のみなので、年収 “億超え” にはもう少しかかりそうですね。

ちなみに、棋士として1年間でもっとも稼いだのは羽生九段です。

七冠達成のころの金額で、1995年に1億6597万円を稼ぎ出しています。

藤井聡太のプロフィール

  • 生年月日 2002 7 19
  • プロ入り年月日 2016年10月1日(14歳)
  • 出身地 愛知県瀬戸市
  • 師匠 杉本昌隆(8段)

5歳の2007年の夏、母方の祖父母から将棋の手ほどきを受けたのがはじまり。

藤井の祖母は、3人の娘のところに生まれた孫たちに囲碁と将棋のルールを順番に教えていました。

祖母自身はルールを知る程度でしたが、藤井さんは瞬く間に将棋のルールを覚え、将棋を指せる祖父が相手をしていたそうです。

なんと秋になると、祖父は藤井に歯が立たなくなってしまったそうです。

12月には、瀬戸市内の将棋教室に入会。

小学6年生の時に、史上最年少で奨励会初段、奨励会二段に昇段するほどの天才!

あとがき

ものすごい金額と才能ですね!!

脳みそのシナプスの数や構造が、わたしとは大違いです。

「すごいな〜」と思うだけで・・・。

わたしなんて✗✗✗✗。

まあ、くらべても意味ないのでアイドルのことでも考えて明るく過ごすことにします!

毎日のように才能ある人について書いていると、羨ましいのと日本にはすごい人達がいると励みになります、

最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です